Powered by Six Apart

プロフィール

フォトアルバム

阿部俊暢

宮城県仙台市出身。定禅寺通りのけやき並木と同じ1958年生まれ。2003年阿部代表とともに定禅寺ハーブギャラリーを開業。夢は世界中のハーブを集めたハーブ農場の開設。JAMHA認定ハーバルセラピスト、AEAJ認定アロマテラピーインストラクター。

« 薬としての食物(イチゴ) | メイン

2018年6月21日 (木)

薬としての食物(イチゴ)(2)

今回は前回の続きです。ABC()のシリーズ記事の「薬としての食物」から、“イチゴ”(ストロベリー)を取り上げています。2回目の今回は、その利用の歴史と現代の研究について紹介します。

 イチゴ(ストロベリー)

http://cms.herbalgram.org/heg/volume12/05May/FaM_Strawberry.html

P1011915


 

四季なりイチゴ(夏姫)の実

撮影場所:蔵王野の花ファーム

撮影日:2018年6月3日

撮影者:阿部俊暢

歴史的な利用方法

 

ストロベリーの薬用用途を記録した最初の人々はローマ人である。そしてその使用法はギリシャへ広がった。イチゴの実は。痛風を治療し消化器系の症状を和らげると信じられていた(12:Darrow G. The Strawberry History, Breeding and Physiology. New York, NY: Holt, Rinehart and Winston; 1996.)。16世紀、17世紀の間に、イチゴは栽培されるようになり、健康によい食べ物のひとつであると考えられるようになった。中世のハーバリストであるトーマス・カルペパー(訳者注1)は、イチゴは、“多くの病気の治癒のために非常に良い”と記述している。そしてその一方で、その葉は薬の調合に使用される主要な植物のひとつであった、とカール・リンネ(訳者注:2)は記録しており、リューマチ性の痛風についての治療薬としてのその果実の有効性の証拠を報告している(3)。その葉はその高濃度のタンニン成分により、穏やかな利尿剤および収斂剤であり、かつては下剤として使用されていた(14:Li T. Vegetables and Fruits: Nutritional and Therapeutic Values. Boca Raton, FL: CRC Press; 2008)。

葉、果実、クラウン、および根は、軟膏剤、薬用茶、およびシロップ剤の調合に使用されていた(12)。果実の果肉および果汁はまた、歯のホワイトニング治療、皮膚の美白、日焼け治療などの、化粧品製剤に使用されてきた(13:Grieve M. Strawberry. A Modern Herbal. 1931. Available here. Accessed April 15, 2015.)。今日では、この植物は医薬品としては、ほとんど使用されていない。しかし、その葉から調合された茶剤は、下痢や赤痢を治療するために使用されている(訳者注3)。現在、イチゴは広く人気があり、食品として利用されている。その実は、焼き菓子、デザート、アイスクリーム、パイ、ゼラチンデザート、ソフトドリンク、ゼリー、シロップ、およびワインや酒の製造に使用されている(1)

 

 

現代の研究

 

生物活成分や抗酸化物質が豊富な果物や野菜の摂取 ―様々な食物の供給源からのポリフェノールの皮膚適用での局所使用を含むー は、皮膚病変、さまざまなタイプの癌、心臓血管疾患、ならびに加齢性の変性症状などの多くの疾患の予防の役割を有することが知られている(16:Giampieri F, Alvarez-Suarez J, Battino M. Strawberry and human health: effects beyond antioxidant activity. J Agric Food Chem. 2014;62(18):3867–3876.)。最近の動物研究では、老化プロセスを改善し、酸化的損傷を低減し、そして抗酸化防御を改善することにおいてのストロベリー消費の潜在的な役割が示唆されている17,18。

他の最近での生体研究では、胃癌の進行の予防、炎症の低減、血漿脂質特性の改善、心筋梗塞のリスク低減、血漿抗酸化能力の増強を含む潜在的な食物ポリフェノールの効果を示している19,20。ポリフェノール補給を調べたヒトでの研究では、新鮮なストロベリー300グラムの消費が、健康で若い参加者において、総抗酸化能力および血清ビタミンC濃度を大幅に高めたことが示されている21。あるヒトでの研究では、ストロベリーに存在するアントシアニンなどのアントシアニン摂取量の上昇が、若年や中年の女性における心筋梗塞のリスクを減少させることを示した22。ストロベリー毎日500グラムを1ヶ月間消費した健康なボランティアでの他のもうひつつのヒトでの研究では、トリグリセリドレベル、LDLコレステロール、および総コレステロールの低下が示された23。 ベリーのアントシアニン及び食物繊維成分が、この結果に関係していると考えられた。しかし、ストロベリーの平均供給サイズは約100gであり、これまでの研究の全フルーツのアプローチを作り出すことは、制御困難であり実行は非現実的である。類似した、プラセボ対照試験では、太りすぎの大人の飲み物の形で凍結乾燥ストロベリーパウダーの効果を検討し、LDLコレステロールの低減について同様の傾向を示唆している24。

 

Nutrient Profile25(栄養特性)

 

多量要素特性: (ストロベリー(イチゴ)100 g あたり)

32 カロリー

たんぱく質:0.67 g

炭水化物:7.7 g

脂肪:0.3 g

二次代謝産物: (ストロベリー(イチゴ)100 g あたり)

優れた供給源:

ビタミン C: 58.8 mg (98% DV)

マンガン: 0.56 mg (28% DV)

良い供給源:

食物繊維: 2 g (8% DV)

葉酸: 24 mcg (6% DV)

含有している:

カリウム: 153 mg (4.4% DV)

マグネシウム: 13 mg (3.3% DV)

ビタミンK: 2.2 mcg (2.8% DV)

ビタミンB6: 0.05 mg (2.5%DV)

リン: 24 mg (2.4% DV)

ナイアシン: 0.39 mg (2% DV)

カルシウム: 16 mg (1.6% DV)

チアミン: 0.02 mg (1.3% DV)

DV =1日2 ,000カロリーの食事に基づく米国食品医薬品局(FDA)の定める一日あたりの摂取量

                                    訳:阿部俊暢

訳者注1:トーマス・カルペパーについて

 トーマス・カルペパーとありますが、ニコラス・カルペパーの間違いと思われます。ニコラス・カルペパーは、17世紀にイギリスで活躍した有名なハーバリスト、占星術士です。

 主な著作の‘The English Physitian “は、一般の人々のために書かれた平易な医療ガイドで、初期のアメリカ入植者と共に大西洋を渡ってアメリカへ持ち込まれたとして有名です。

 

訳者注2:カール・リンネについて

カール・フォン・リンネは、「分類学の父」として有名な、スウェーデンの博物学者、生物学者、植物学者です。生物の学名を、属名と種小名の2語のラテン語で表す二名法(または二命名法)を体系づけたことで知られています。現在の生物の学名は、リンネの考え方に従う形で、国際的な命名規約[2]に基づいて決定されています。

 

訳者注3:ストロベリーテイー

 イチゴの近縁種であるワイルドストロベリーの葉は、ハーブテイーとして利用されています。日本でも、ネット通販やハーブ専門店で入手することができます。

参考文献

  1. Holmes R. Taylor’s Guide to Fruits and Berries. New York, NY: Houghton Mifflin Company; 1996.

  2. Madison D. Edible: An Illustrated Guide to the World’s Food Plants. Washington, DC: National Geographic Society; 2008.

  3. Murray M. The Encyclopedia of Healing Foods. New York, NY: Atria Books; 2005.

  4. Shopper’s Guide to pesticides. Environmental Working Group website. Available here. Accessed April 20, 2015.

  5. Aaby K, Mazur S, Nes A, Skrede G. Phenolic compounds in strawberry (Fragaria ananassa Duch.) fruits: Composition in 27 cultivars and changes during ripening. Food Chemistry. May 2012;132(1):86-97.

  6. Lila MA. Anthocyanins and human health: An in vitro investigative approach. J Biomed Biotechnol. 2004(5):306-313.

  7. Steven D. Quercetin. University of Maryland Medical Center website. Available here. Accessed April 15, 2015.

  8. Liwei G, Kelm MA, Hammerstone JF, et al. Concentrations of proanthocyanidins in common foods and estimations of normal consumption. J Nutr. 2004;134(3):613-617.

  9. Rane HS, Bernardo SM, Howell AB, Lee SA. Cranberry-derived proanthocyanidins prevent formation of Candida albicans biofilms in artificial urine through biofilm- and adherence-specific mechanisms. J Antimicrob Chemother. 2014;69(2):428-436.

  10. Feldman M, Tanabe S, Howell A, Grenier D. Cranberry proanthocyanidins inhibit the adherence properties of Candida albicans and cytokine secretion by oral epithelial cells. BMC Complement Altern Med. 2012;12:6.

  11. Patel KD, Scarano FJ, Kondo M, Hurta RA, Neto CC. Proanthocyanidin-rich extracts from cranberry fruit (Vaccinium macrocarpon Ait.) selectively inhibit the growth of human pathogenic fungi Candida spp. and Cryptococcus neoformans. J Agric Food Chem. 2011;59(24):12864-12873.

  12. Darrow G. The Strawberry History, Breeding and Physiology. New York, NY: Holt, Rinehart and Winston; 1996.

  13. Grieve M. Strawberry. A Modern Herbal. 1931. Available here. Accessed April 15, 2015.

  14. Li T. Vegetables and Fruits: Nutritional and Therapeutic Values. Boca Raton, FL: CRC Press; 2008.

  15. Ensmiger A, Ensminger M, Konlande J, Robson J. The Concise Encyclopedia of Foods & Nutrition. Boca Raton, FL: CRC Press; 1995.

  16. Giampieri F, Alvarez-Suarez J, Battino M. Strawberry and human health: effects beyond antioxidant activity. J Agric Food Chem. 2014;62(18):3867–3876.

  17. Charles A, Meyer A, Geny B, et al. Polyphenols prevent ageing-related impairment in skeletal muscle mitochondrial function through decreased reactive oxygen species production. Experimental Physiology. February 2013;98(2):536-545.

  18. Laurent C, Chabi B, Feillet-Coudray C, et al. Polyphenols decreased liver NADPH oxidase activity, increased muscle mitochondrial biogenesis and decreased gastrocnemius age-dependent autophagy in aged rats. Free Radical Research. September 2012;46(9):1140-1149.

  19. Alvarez-Suarez J, Dekanski D, Battino M, et al. Strawberry polyphenols attenuate ethanol-induced gastric lesions in rats by activation of antioxidant enzymes and attenuation of MDA increase. Plos ONE. October 2011;6(10):1-11.

  20. Kim J, Kim K, Baik S, et al. Anthocyanins from black soybean inhibit Helicobacter pylori-induced inflammation in human gastric epithelial AGS cells. Microbiology and Immunology. May 2013;57(5):366-373.

  21. Azzini E, Intorre F, Maiani G, et al. Absorption of strawberry phytochemicals and antioxidant status changes in humans. Journal of Berry Research. 2010;1(2):81-89.

  22. Cassidy A, Mukamal K, Liu L, Franz M, Eliassen A, Rimm E. High anthocyanin intake is associated with a reduced risk of myocardial infarction in young and middle-aged women. Circulation. January 2013;127(2):188-196.

  23. Alvarez-Suarez J, Giampieri F, Battino M, et al. One-month strawberry-rich anthocyanin supplementation ameliorates cardiovascular risk, oxidative stress markers and platelet activation in humans. Journal of Nutritional Biochemistry. March 2014;25(3):289-294.

  24. Basu A, Betts NM, Nguyen A, Newman ED, Fu D, Lyons TJ. Freeze-dried strawberries lower serum cholesterol and lipid peroxidation in adults with abdominal adiposity and elevated serum lipids. J Nutr. 2014;144(6):830-837.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/558517/34129457

薬としての食物(イチゴ)(2)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿