Powered by Six Apart

プロフィール

フォトアルバム

阿部俊暢

宮城県仙台市出身。定禅寺通りのけやき並木と同じ1958年生まれ。2003年阿部代表とともに定禅寺ハーブギャラリーを開業。夢は世界中のハーブを集めたハーブ農場の開設。JAMHA認定ハーバルセラピスト、AEAJ認定アロマテラピーインストラクター。

« 薬としての食品:オクラ(2) | メイン | あなたがあなたの台所においておくべき10種の野菜 PART 2 »

2016年3月 3日 (木)

あなたがあなたの台所においておくべき10種の野菜 PART 1

ハーブ•アロマテラピーを学ぶ方のための海外ハーブ事情

第187回目の話題:あなたがあなたの台所においておくべき10種の野菜 PART 1)”です。今回は、日本で有名な統合療法の第一人者であるアンドリュー・ワイル博士のブログからの翻訳記事です。

<原文>

http://www.drweilblog.com/home/2016/2/5/10-vegetables-you-should-have-in-your-kitchen-part-1.html

 

1024pxonions

 

あなたがあなたの台所においておくべき10種の野菜 PART 1

 

  野菜はあなたの体を最適に保つことを助けることができる健康的な栄養素の天然の供給源である。この2回シリーズでは、あなたがどんな野菜を台所に置いておくべきかを提案する。

野菜(そして果物)は、私の抗炎症大ダイエットピラミッドの基本であり、その正当な理由により - 新鮮な食材は、あなたの体全治がスムーズに働くのを助けてくれる自然な栄養素の最高の供給源である。私はすべての健全なキッチンが手元に次の汎用性があり風味豊かなお気に入りを置いておくことを推奨している。

タマネギ:古くからの、刺激的なこの野菜は、どのような食事にも深みと豊かさを追加する。玉ねぎのほとんどの品種に見られる硫黄化合物は、コレステロールや血圧の低下を含め、その健康上の効果について関連性が指摘されている。

ニンニク:この香りある球根は、タマネギと同様の多くの植物栄養素を含むとともに、同じく抗菌や抗ウイルス成分が含まれている。ニンニクは、免疫系を高め、風邪を防ぎ、血圧およびコレステロールを低下させ、真菌性の感染症と戦うことを助けることができる。

ほうれん草:この濃い緑豊かな緑色野菜(他のケールやコラードなどと同じように)ルテイン、ゼアキサンチンおよび抗酸化カロチノイドを含んている。それらは、白内障や黄斑変性症の予防に役立つ可能性がある。ほうれん草はまた、カルシウムや葉酸、ビタミンB群の供給源であり、先天性の欠損症を防ぐのに役立つ。オーガニンクのほうれん草を購入すること。一般的に従来農法で栽培された品種は農薬が使用されている。

 キャベツ:この低価格でまた非常に栄養価の高いアブラナ科の野菜はインドールと呼ばれる栄養素が含まれている。インドールは、乳癌および前立腺癌の両方に対して保護する効果がある可能性がある。また、かなりの量の繊維やビタミンCを提供する。

 サツマイモ:ベータカロチンが豊富なこれらの野菜は、免疫システムを高める、ビタミンCと葉酸(心臓病のリスクを軽減し、特定の先天性欠損症を防ぐことができる)を運搬して、血糖インデックスと血糖負荷チャートを低下させる可能性がある。

あなたが食べているべき10種類の野菜の他の5の野菜については、次回のブログ記事を参照のこと。

 

<解説>

 アンドリュー・ワイル博士は、アメリカ合衆国の健康医学研究者で医学博士です。伝統中国医学など代替医療の伝統も取り入れ、人間に本来備わっている自然治癒力を引き出すヘルスケア・システムである統合医療を提唱している中心的存在です。薬用植物の世界的権威としても知られており、ハーブの効能をアメリカに知らしめ、90年代に入っての一大ハーブ旋風をもたらした人物として有名です。著書『癒す心、治る力』[と『アンドルー・ワイル博士の医食同源』は米国でベストセラーとなっています。

 博士のホームページは、www.drweil.comは週に50万ヒットといった記録もあり、我々の健康と食事や生活習慣の関連性、さらにはハーブの利用法となどについてわかりやすく解説しています。今回はそのブログ記事の紹介です。

                               記、訳 阿部俊暢

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/558517/33758251

あなたがあなたの台所においておくべき10種の野菜 PART 1を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿