Powered by Six Apart

プロフィール

フォトアルバム

阿部俊暢

宮城県仙台市出身。定禅寺通りのけやき並木と同じ1958年生まれ。2003年阿部代表とともに定禅寺ハーブギャラリーを開業。夢は世界中のハーブを集めたハーブ農場の開設。JAMHA認定ハーバルセラピスト、AEAJ認定アロマテラピーインストラクター。

« 2016年1月 | メイン | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月18日 (木)

薬としての食品:オクラ(2)

ハーブ•アロマテラピーを学ぶ方のための海外ハーブ事情

第186回目の話題:薬としての食品:オクラ(2)”です。ABCのHerbalEGramの新しい記事シリーズの“Food as Medicine”により取り上げられた植物を紹介しています。今回は”オクラ (2)“、前回の続きです。

Bucket_of_raw_okra_pods


 

<原文>

 

Historical and Commercial Uses

 Ancient cultures quickly noted okra’s mucilaginous nature and its subsequent benefits to the digestive system. Okra was used by Egyptians to prevent the development of kidney stones.5 In folkloric practice, fresh, tender okra pods were consumed to cure constipation, leucorrhea (abnormal vaginal discharge), spermatorrhea (excessive, involuntary ejaculation), diabetes, and jaundice. The mucilage from okra is used commonly in traditional Asian and African medicine to treat gastritis, gastric ulcers, and to lubricate the intestines.5,11,12

 The acceptance of okra as a relatively modern medicinal agent can be found in J.M. Nickell’s Botanical Ready Reference, a book published in 1911 in the United States for physicians and pharmacists.13 Arranged alphabetically by Latin binomial, okra appears as the first entry on the list of herbal drugs and medicinal agents. The actions noted for okra capsule (fruit) are “mucilaginous, demulcent, and edible.”

 Okra mucilage has been used traditionally in Arabic, West African, Caribbean, and Eastern Mediterranean cooking.6 The most common culinary application of okra is as a thickener for soups and stews. The most well-known application may be in Louisiana’s Creole gumbo stew, which may derive its name from a corruption of the Bantu word for okra: kingombo. It is also used as a substitute for egg whites and as a fat replacement in chocolate bars, cookies, and frozen dairy desserts.7 Okra can be boiled, baked, sautéed, stuffed, or fried. Sautéing or quickly frying the okra reduces the sticky texture significantly.4 The gummy texture can also be mitigated by cooking okra with cornmeal.14

 The water extract of okra, also known as okra gum, is used as an industrial lubricant and as an emulsifier to stabilize foams and suspensions.9 It is also utilized medically in plasma replacement therapy.3 The seeds of the okra pods are roasted and powdered into a flour for use as a coffee substitute in Turkey, and in Nigeria, the nutritious flour is an important staple and often added to soups and other foods.4,15

 In vitro studies done on the chemical composition and antioxidative properties of Nigerian okra seed flour demonstrated that antioxidant activity correlated positively with roasting time.15 This study showed that antioxidants within the okra seeds had the greatest benefit in protecting the human large intestine from oxidative damage.

 <歴史と商業用途>

 古代の文化では、速くからオクラのその粘液質の性質とそれに続く消化器系に対する効果が記述されている。オクラは、エジプト人によって腎臓結石の成長を予防するために使用された。5民俗療法では、新鮮な、柔らかいオクラの花芽は、便秘、白色帯下(異常なおりもの)、精液漏(過度の、不随意射精)、糖尿病、および黄疸を治療するために消費されている。伝統的なアジア・アフリカ医学では、オクラの粘液は、胃炎、胃潰瘍の治療のために、また腸を潤滑するために一般的に使用されている。5,11,12

 比較的近代の薬剤としてのオクラの受け入れは、医師と薬剤師のために米国で1911年に出版された本、J.M. Nickell’s Botanical Ready Referenceで見ることができる。13 ラテン二項のルファベット順で、オクラは生薬や薬剤のリストの最初のエントリとして表示されている。オクラカプセル(果実)の作用は、「粘液質、粘滑剤、及び食用」である。オクラの粘液は、アラビア、西アフリカ、カリブ海、および東地中海料理に伝統的に使用されている。6オクラの最も一般的な料理の適用法は、スープやシチューのための増粘剤としてである。最もよく知られている利用法はルイジアナ州のクレオールガンボシチューであるかもしれない。その名は、オクラのバンツー語:kingomboのなまりに由来している可能性がある。オクラはまた、卵白の代替として、チョコレートバーの脂肪として、クッキー、冷凍乳製品デザート、で使用されている。7 オクラはゆで、焼き、ソテーし、詰め物にし、または揚げることができる。オクラをソテーしたりすばやく揚げることとにより、かなり粘着性の質感が減少する。4ガムのような質感も、コーンミールとともにオクラを調理することによって緩和することができる。

 オクラガムとして知られているオクラの水抽出物は、工業用潤滑剤として、または形および懸濁を安定化させる乳化剤として使用されている。9 それはまた血漿交換療法で医学的に利用されている。3オクラの鞘中の種子は、ローストされ、粉にされて、トルココーヒーの代用品として使用されている。ナイジェリアでは、栄養価の高い粉は重要な主食であり、多くの場合、スープ、その他の食品に加えられる。4,15

  ナイジェリアのオクラ種子粉の化学成分と抗酸化特性についておこなわれた実験室内での研究では、抗酸化活性が焙煎時間との正の相関があることが実証されている。15この研究では、酸化的損傷からの人間の大腸の保護に対して最大の効果を持っていることが示されている。

 Modern Research

 Laboratory research suggests that okra and its extracts can be useful in the treatment of a variety of disease states. A recent in vitro study indicated that Abelmoschus esculentus lectin (AEL), a protein extracted from okra, binds carbohydrates on the surface of cancer cells, thus causing apoptosis (programmed cell death) and significantly and selectively inhibiting breast cancer cell proliferation.16

 Modern research suggests that okra’s effectiveness in the treatment of gastrointestinal complaints can be attributed to the presence of rhamnogalacturonan polysaccharides, which disrupt the adhesion of Helicobacter pylori bacteria to stomach tissue;11 these bacteria are associated with stomach ulcers.

 The polysaccharide compounds bind non-specifically to different strains of H. pylori, inhibiting the binding of the pathogens to gastric cells. The rhamnogalacturonans appear to interact with H. pylori’s surface proteins, potentially providing a preventative treatment approach. Okra’s mucilage could also inhibit the recurrence of H. pylori infections by preventing re-colonization of the stomach following antibiotic eradication therapy.

 An in vitro study published in 2007 by the USDA Agricultural Research Service compared the effectiveness of the bile acid-binding, cholesterol-lowering drug cholestyramine to the natural bile acid-binding ability of the common vegetables okra, beets (Beta vulgaris), asparagus (Asparagus officinalis), eggplant (Solanum malongena), turnips (Brassica rapa subsp. rapifera), green beans (Phaseolus vulgaris), carrots (Daucus carota subsp. sativus), and cauliflower (B. oleracea var. botrytis).17 Okra was found to be more effective at binding bile acids than any other vegetable evaluated in the study, and 34% as effective as cholestyramine.

 An animal study conducted in 2011 found that okra peel and seed powder had the ability to normalize blood levels of both lipids and sugars in diabetic rats.18 Oral administration of okra significantly reduced blood levels of total cholesterol, triglycerides, low-density lipoproteins (LDL), very low-density lipoproteins (VLDL), and hemoglobin A1C as well as significantly increased blood levels of high-density lipoproteins (HDL) and hemoglobin. While both parts of the plant were effective in a dose-dependent manner, the seed powder had a more pronounced effect than the peel, especially on blood glucose levels. These results indicate that consumption of okra may help reduce hyperlipidemia and hyperglycemia in diabetics, thus helping to prevent cardiovascular disease and other comorbidities associated with diabetes. These effects could be related to okra’s ability to bind bile acids.

 Among other factors (e.g., soil, climate, season, etc.), cooking and preparation methods can impact the nutrient content of vegetables. A study on the effects of different cooking methods on the nutrient content of okra pods compared the mineral content of raw and cooked okra of both organic and conventional varieties.19 Raw okra had the highest concentration of all elements tested, indicating some degree of nutrient losses during cooking, with the most pronounced difference found in potassium concentration, while calcium losses were relatively minimal.

 There were significant mineral losses following boiling and baking, but the effect was less pronounced with sautéing.19 This could be due to the water solubility of nutrients found in okra, including but not limited to its mucilage. While the loss of mineral content may seem undesirable, the marked reduction of minerals from cooking could be beneficial for those with kidney disease. For example, potassium levels can be reduced by up to 60% by boiling okra and pouring off the water, making boiled okra safer than raw okra for a potassium-restricted diet.

 An in vitro study in 2011 examined the effects of okra gum extract on both cell viability and bacterial growth.7 Okra gum extract had antibacterial effects on seven of eight strains of bacteria tested, and was most effective against Staphylococcus aureus, Mycobacterium sp., M. aurum, Xanthobacter Py2, and Pseudomonas aeruginosa. In fact, okra gum extract was completely effective in inhibiting growth of S. aureus (which can cause skin infections, pneumonia, meningitis and septicemia) as well as P. aeruginosa (known for causing fatal lung infections in patients with cystic fibrosis). Major lipid fractions isolated from okra gum extract were 34% palmitic acid and 26% stearic acid, both of which have antibacterial properties against S. aureus and Listeria monocytogenes. The results of this study demonstrate the potential use of okra extract as an antibacterial agent with possible applications in the food and pharmaceutical industry.

 A study on rats explored the traditional uses of okra in liver disease.5 Hepatotoxicity was induced in rats that were then given an okra gum extract that quenched all free radicals present, thus preventing lipid peroxidation of liver cell membranes. The hepatoprotective and antioxidant activities of the okra extract are comparable to standard silymarin, isolated from milk thistle (Silybum marianum) fruit, making okra extract a potentially important substance for protecting chemically-damaged liver tissue. Human clinical trials are needed to explore this potential therapeutic application.

 <現代の研究>

 実験室での研究では、オクラおよびその抽出物は、種々の疾患状態の治療に有用である可能性があることが示唆されている。最近の試験管内での試験では、オクラから抽出されたタンパク質であるAbelmoschus esculentusレクチン(AEL)が癌細胞の表面上の炭水化物に結合し、アポトーシス(細胞死プログラム)を引き起こし、著しく選択的に乳癌細胞の増殖を阻害することを示峻している。16

 現代の研究は、胃腸の治療におけるオクラの有効性が、胃の組織のヘリコバクター・ピロリ菌の付着を邪魔する多糖類のラムノガラクツロナンの存在に起因する可能性があることを示唆している。11これらの細菌は、胃潰瘍に関連付けられている。

 その多糖類成分は、非特異的に異なったH. pylor株に結合し、胃の細胞への病原体の結合を阻害する。ラムノガラクツロナンは、H. pylori’sの細胞表面のタンパク質と相互作用をおこし、潜在的な予防的治療アプローチを提供する。オクラの粘液もまた、抗生物質除菌治療後の胃の再定着を防止することにより、H. pylor感染症の再発を抑制する可能性がある。

 米国農務省農業研究サービスによって2007年に発表された試験管内での研究は、胆汁酸結合、コレステロール低下薬であるcholestyramineと、一般的な野菜のオクラ、ビート(Beta vulgaris)、アスパラガス(Asparagus officinalis)、茄子(Solanum malongena)、カブ(Brassica rapa subsp. rapifera)、緑色の豆((Phaseolus vulgaris)、ニンジン(Daucus carota subsp. sativus)、カリフラワー(B. oleracea var. botrytis)の自然な胆汁酸結合能力との、有効性を比較している。17オクラは研究で評価された他のどの植物よりも、胆汁酸結合により効果的であり、cholestyramineの効果に対して34%の効果があることが見出された。

 2011年に行われた動物研究では、オクラの皮および種子の粉が、糖尿病ラットにおいて脂質および糖の両方で血中濃度を正常化する能力を有していることが見出された。18 オクラの経口投与は、血中総コレステロールレベル、トリグリセリド、低密度リポタンパク質(LDL)、超低密度リポタンパク質(VLDL)を、ヘモグロビンA1Cを有意に減少させ、同様に、高密度リポタンパク質(HDL)およびヘモグロビンの血中濃度を有意に増加させた。植物の両方の部分が用量依存的に効果的であったが、種子粉末は、特に、血中グルコースレベルに対して、皮よりもより顕著な効果を有していた。これらの結果は、オクラの消費が心血管疾患および糖尿病に関連する他の併存疾患を防ぐために貢献し、糖尿病患者における高脂血症および高血糖症を軽減する可能性があることを示している。これらの効果は、胆汁酸と結合するオクラの能力に関連している可能性がある。他の因子(例えば、土壌、気候、季節など)と同様に、料理や調製方法は、野菜の栄養成分に影響を与える可能性がある。オクラの鞘の栄養素含有量に対する異なる調理法の影響に関する研究において、有機栽培と従来栽培品種の両方について生および調理されたオクラのミネラル含有量が比較された。19生オのクラは試験したすべての要素を高濃度濃で保持していたが、調理の間に幾つかの栄養素の損失が示された。最も顕著な差はカリウム濃度で見られたが、カルシウムの損失は比較的小さかった。煮たり焼いたりする調理中に重要なミネラル損失が生じたが、ソテーではあまり顕著ではなかった。19この事は、粘液を含むがこれに限定されないオクラで見つかる栄養素が、水溶性であることによる可能性がある。ミネラル含有量の損失は、望ましくないように思えるかもしれないが、料理によるミネラルの顕著な減少は、腎臓病の人のためには有益である可能性がある。例えば、カリウム濃度はオクラを沸騰させ水にさらすことにより最大60%削減することができ、カリウム制限食をとる人にとっては茹でたオクラは生オクラより安全である。2011年の実験室でのある研究では、細胞の生存率および細菌増殖の両方に対してオクラガムの抽出駅の効果が検討された。7オクラガム抽出液は、試験した細菌の8株のうち7株ついて抗菌効果を持っていた。最も効果的であったのは黄色ブドウ球菌、マイコバクテリウム属、M. aurum, Xanthobacter Py2、および緑膿菌(Pseudomonas aeruginosa)であった。実際、オクラガム抽出液は、M. aurum(皮膚感染症、肺炎、髄膜炎や敗血症を引き起こす可能性がある)だけでなく、緑膿菌 (嚢胞性線維症の患者の致命的な肺感染を引き起こすために知られている)の成長を阻害するのに完全に有効であった。オクラガム抽出物から単離された主要な脂質分球物は、34%がパルミチン酸、26%がステアリン酸であった。その両方がS. aureus および Listeria monocytogenesに対する抗菌特性を有している。この研究の結果は、オクラ抽出液の食品や製薬業界における抗菌剤の適用での使用についての可能性を示している。あるラットの研究では、肝疾患に対してのオクラの伝統的な使用法が調査された。5フリーラジカルの存在を癒すオクラガム抽出物が与えられたラットにおいて肝保護効果が引き起こされた。オクラガム抽出液は肝細胞膜の脂質の過酸化を防止する。オクラエキスの肝臓保護および抗酸化活性は、マリアアザミ(Silybum marianum)の果実から分離される標準のシリマリンと同等であり、オクラ抽出液は潜在的に化学的に損傷を受けた肝臓組織を保護するための重要な物質を作り出す。この潜在的な治療用途を探索するためにはヒトでの臨床試験が必要とされる。

 <解説>

 牧野和漢薬草大図鑑には、オクラは記載されていませんが、近縁種のトロロアオイ(学名:Abelmoschus manihot)が記載されています。トトロアオイは

和紙づくりの糊として使うため、栽培されていた植物です。

生薬名;黄蜀葵根

薬用部分:根

薬効:薬用としては冷浸剤または煎剤を緩和粘滑薬、鎮咳薬として内服するほか、粉剤はかつて丸薬や錠剤などの賦形剤とした。または膀胱炎とか水腫による尿の出方の悪い場合の利尿剤として、また催乳作用、緩下剤などの利用が知られている。

と記載されています。

トロロアオイは根のほかに花、葉、種子も生薬として利用されています。

 英国王王立園芸協会のハーブ大百科には、同じ近縁種のトロロアオイモドキ(学名:Abelmoschus moschatus)が記載されています。トロロアオイモドキは、ムスクオクラの名でも知られており芳香性のハーブとして、料理用、薬用、芳香用として利用されています。

                              訳、記 阿部俊暢

 

References

 

1.      Van Wyck B. Food Plants of the World. Portland, OR: Timber Press; 2006.Madison D. Edible: An Illustrated Guide to the World’s Food Plants. Washington, DC: National Geographic Society; 2008.

2.      Benchasri S. Okra (Abelmoschus esculentus (L.) Moench) as a valuable vegetable of the world. Ratarstvo i povrtarstvo. 2012:49:105-112.

3.      Onstad D. Whole Foods Companion: A Guide for Adventurous Cooks, Curious Shoppers, and Lovers of Natural Foods. White River Junction, VT: Chelsea Green Publishing; 2004.

4.      Alqasoumi SI. ‘Okra’ Hibiscus esculentus L.: A study of its hepatoprotective activity. Saudi Pharmaceutical Journal. 2012:20:135-141.

5.      Green A. Field Guide to Produce: How to Identify, Select, and Prepare Virtually Every Fruit and Vegetable at the Market. San Francisco, CA: Quirk Books; 2004.

6.      de Carvalho CCCR, Cruz PA, da Fonseca MR, et al. Antibacterial properties of the extract of Abelmoschus esculentus. Biotechnology and Bioprocess Engineering. 2011:16:971-977.

7.      Nephrology Department. Oxalate Content of Foods. The Children’s Medical Center of Dayton website. July 14, 2005. Available here. Accessed July 16, 2015.

8.      Brinkley LJ, Gregory J, Pak CY. A further study of oxalate bioavailability in foods. J Urol. 1990;144(1):94-96.

9.      Liebman M, Al-Wahsh IA. Probiotics and other key determinants of dietary oxalate absorption. Adv Nutr. 2011;2:254-260. Available here. Accessed July 16, 2015.

10.Messing J, Thole C, Niehues M, et al. Antiadhesive properties of Abelmoschus esculentus (okra) immature fruit extract against Helicobacter pylori adhesion. PLoS ONE. 2014:9(1):[e84836].

11.Pitchford P. Healing with Whole Foods: Oriental Traditions and Modern Nutrition. Berkeley, CA: North Atlantic Books; 1993.

12.Nickell JM. J.M. Nickell's botanical ready reference: especially designed for druggists and physicians: containing all of the botanical drugs known up to the present time, giving their medical properties, and all of their botanical, common, pharmacopoeal and German common (in German) names. Chicago, IL: Murray & Nickell Mfg. Co.; 1911.

13.Davidson A. The Oxford Companion to Food. Oxford, UK: Oxford University Press; 1999.

14.Adelakun OE, Oyelade OJ, Ade-Omowaye BIO, et al. Chemical composition and the antioxidative properties of Nigerian okra seed (Abelmoschus esculentus Moench) flour. Food and Chemical Toxicology. 2009:47:1123-1126.

15.Monte LG, Santi-Gadelha T, Reis LB, et al. Lectin of Abelmoschus esculentus (okra) promotes selective antitumor effects in human breast cancer cells. Biotechnol. Lett. 2014:36:461-469.

16.Kahlon TS, Chapman MH, Smith GE. In vitro binding of bile acids by okra, beets, asparagus, eggplant, turnips, green beans, carrots, and cauliflower. Food Chemistry. 2007:103:676–680.

17.Sabitha V, Ramachandran S, Naveen KR, et al. Antidiabetic and antihyperlipidemic potential of Abelmoschus esculentus (L.) Moench. in streptozotocin-induced diabetic rats. Journal of Pharmacy and Bioallied Sciences. 2011:3:397-402.

18.Ivanice F, Ana MP, Uenderson A, et al. Multivariate analysis of the mineral content of raw and cooked okra (Abelmoschus esculentus L.). Microchemical Journal. 2013:110:439-443.

19.Basic Report: 11278, Okra, raw. Agricultural Research Service, United States Department of Agriculture website. Available here. Accessed July 16, 2015.

20.Liano J. Williams-Sonoma New Flavors for Vegetables: Classic Recipes Redefined. Birmingham, AL: Oxmoor House; 2008

 

 

参考資料:

*  牧野和漢薬草大図鑑

*  英国王王立園芸協会ハーブ大百科