Powered by Six Apart

プロフィール

フォトアルバム

阿部俊暢

宮城県仙台市出身。定禅寺通りのけやき並木と同じ1958年生まれ。2003年阿部代表とともに定禅寺ハーブギャラリーを開業。夢は世界中のハーブを集めたハーブ農場の開設。JAMHA認定ハーバルセラピスト、AEAJ認定アロマテラピーインストラクター。

« 薬としての食品:西洋ワサビ(2) | メイン | 薬としての食品:オクラ(2) »

2016年1月14日 (木)

薬としての食品:オクラ(1)

ハーブ•アロマテラピーを学ぶ方のための海外ハーブ事情

第185回目の話題:薬としての食品:オクラ(1)”です。ABCのHerbalEGramの新しい記事シリーズの“Food as Medicine”により取り上げられた植物を紹介しています。今回は”オクラ (1)“です。

Bucket_of_raw_okra_pods

<原文>

 Range and Habitat

Okra (Abelmoschus esculentus) is a naturalized tropical and subtropical annual grown extensively in Asia and Africa. Growing up to 6 feet in height, okra plants have sturdy stems, long, broad, serrated, deeply-lobed leaves, and delicate yellow flowers marked with red or purple color toward the base.1,2 The edible portion of okra is the immature pod or fruit which contains the seeds.3 Inside the tapering, fuzzy pod is a soft tissue that exudes a mucilaginous (sticky) juice when cooked.4 The pods are commonly green, but other varieties have red or burgundy pods. Considered one of the most reliable annual edible vegetable crops of the tropics (the Latin term esculentus means edible), okra is tolerant of both hot, dry as well as hot, humid climates and is widely cultivated in West Africa, India, Southern Europe, and the Americas.5

Related to hibiscus (Hibiscus sabdariffa) and marshmallow (Althaea officinalis), okra was originally classified in the genus Hibiscus and was later reclassified into the genus Abelmoschus in the 18th century.3 Okra is believed to have originated in Ethiopia, where it still grows wild, although there is no definitive proof of its origin.3 Okra has been cultivated by the Egyptians since the 12th century BCE. From there it traveled to central Africa, the Mediterranean, and India.6 By the 17th century CE, okra had reached the New World via the slave trade in Africa and by the 19th century, it had spread to China.2

<意訳>

生息範囲

オクラ(Abelmoschus esculentus)は、熱帯および亜熱帯に広く帰化している一年草であり、特にアジアとアフリカで広く栽培されている。オクラは高さ6フィート(1.8m)にまで成長し、頑丈な茎と、長く、幅広い、鋸歯のある浅く裂けた葉と、中心に向かって赤や紫の色が付いた繊細な黄色の花を持つ1,2。オクラの食用部分は種子が含まれている未熟な花芽や果実である*3。先細りの内側がけばだった花芽は、調理すると液質(スティッキー)な汁が染み出る軟組織を持つ*4。花芽は一般的には緑であるが、赤や濃い紫色がかった赤から黒みがかった赤色の花芽を持つ他の品種がある。オクラは熱帯で最も信頼性の高い年間食用野菜作物(ラテン語のesculentusは食用を意味する)と考えられており、高温多湿ならびに高温乾燥の気候の両方に耐性があり、西アフリカ、インド、南ヨーロッパ、そしてアメリカで広く栽培されている*5。

1024pxabelmoschus_esculentus2

 オクラはハイビスカス(Hibiscus sabdariffa)およぼマシュマロ(Althaea officinalis)の近縁種であり、もともとハイビスカス属に分類されていたが、18世紀以降トロロアオイ属に再分類された*3。オクラは、エチオピアに起源を持つと考えられており、そこでは野生で生育しているが、その起源についての決定的な証拠はまだない*3。オクラは紀元前12世紀より、エジプト人によって栽培されてきた。そこから、中央アフリカ、地中海、インドに旅した*6 。17世紀には、オクラはアフリカの奴隷貿易を経由して新世界に達した。19世紀までに、オクラは中国にまで広がった*2。

 <解説>

 オクラ(学名: Abelmoschus esculentus)は、アオイ科トロロアオイ属の一年草またはその食用果実です。原産地はアフリカ北東部(エチオピアが有力)と考えられています。原産地や熱帯では多年草ですが、日本では冬越しができないため一年草とされています。

 日本に入って来たのは明治初期です。従来「ネリ」と呼んでいたトロロアオイの近縁種であるため、当時はアメリカネリと呼ばれていました。ちなみに「 ネリ」その粘りから和紙をすくための添加剤として使用されていましたが、オクラと違って食用には不向きです。

 平成24年度における全国作付面積は799ha、年間国内出荷量は11,224tであり、主な生産地は鹿児島4,383t(39%)、高知1,946t(17%)、沖縄992t(9%)、熊本898t(8%)、宮崎523t(5%)です。海外からは、国内出荷量が減る冬季を中心にタイ、フィリピンなどから輸入されています。

 <原文>

Phytochemicals and Constituents

Okra is comprised primarily of water, carbohydrates, and protein with very little fat and a fair amount of dietary fiber.3 Okra is also a significant source of vitamin C and contains many other micronutrients such as calcium, phosphorus, iron, beta-carotene, and B vitamins. The carbohydrate content of okra is primarily in the form of mucilage, a long chain polysaccharide molecule made up of sugar units and amino acids. Thin-layer chromatography analytical methods indicate that the polysaccharides in okra gum contain galactose, galacturonic acid, rhamnose and glucose.7 This water-soluble mucilage is the source of okra’s viscous, slippery consistency, which is linked to okra’s effectiveness in treating gastritis and other conditions where the mucilage acts as a demulcent agent, i.e., it provides relief to inflamed mucous membranes.

Phytochemical studies show that okra pods contain flavonoids, tannins, sterols, and triterpenes.5 Flavonoids are important compounds that are responsible for protecting tissues from oxidative damage in a variety of ways. Quercetin is the major antioxidant in okra gum, which is a key player in controlling inflammation in the body.7

 Okra contains a moderate amount of oxalate, a compound that both is created by the human body and is present in plants. Because oxalate is excreted through urine and can calcify in the kidneys, high levels of oxalate intake along with genetic predisposition may lead to the development of kidney stones. Different types of kidney stones exist, but approximately 75% of patients diagnosed with kidney stones in the United States suffer from stones made of calcium oxalate.8 Physicians may recommend that patients with kidney stones or with a history of kidney stones follow a low-oxalate diet; however, a food’s oxalate content does not necessarily correlate with its oxalate bioavailability in the human body. Okra has been shown to have low oxalate bioavailability as compared to similar oxalate-rich foods such as peanuts (Arachis hypogaea) and almonds (Prunus dulcis).9 Oxalate absorption from dietary sources can be reduced when paired with foods with high calcium or magnesium content.10

 <意訳>

植物化学成分

 オクラは、主に、水、炭水化物、及びタンパク質で構成されており、ほとんど脂肪がなく食物繊維が豊富である*3。オクラはまたビタミンCの重要な供給源であり、例えば、カルシウム、リン、鉄、ベータカロチン、そしてビタミンB群などの他の多くの微量栄養素が含まれている。オクラの炭水化物成分は、主に糖ユニットおよびアミノ酸からなる長鎖多糖類分子の粘液の形態で存在している。薄層クロマトグラフィー分析方では、オクラ粘液における多糖類は、ガラクトース、ガラクツロン酸、ラムノースおよびグルコースを含んでいることが示されている*7。 この水溶性の粘液がオクラの粘性で滑りやすい特性の源であり、それが、胃炎や他の症状の治療に対するオクラの有効性に結び付けられている。この粘液は粘滑剤、すなわち、炎症した粘膜を和らげる特製を提供する。

  植物化学の研究では、オクラの花芽は、フラボノイド、タンニン、ステロール、およびトリテルペンが含まれていることが示されている*5。フラボノイドは、酸化的損傷からさまざまな方法で組織を保護することに関連した重要な化合物である。ケルセチンは、オクラの樹液の中の主要な抗酸化成分であり、体内の炎症を制御するキープレーヤーである*7。

 オクラは、少量のシュウ酸塩を含んでおり、その成分は、人体によって作られ、また植物中に存在する。シュウ酸は尿を介して排泄され、腎臓中で石灰化する可能性があるため、遺伝的要因とともにシュウ酸を高レベルで摂取すると、腎臓結石の成長につながる可能性がある。腎臓結石には様々なタイプが存在するが、米国で腎結石と診断された患者の約75%がシュウ酸カルシウムで作られた結石に苦しんでいる*8。 医師は、腎臓結石のある患者または腎臓結石の履歴を持つ人々は、低シュウ酸塩の食事を続けるべきであることを推奨している。しかし、食品のシュウ酸の含有量は、必ずしも人間の体内でのシュウ酸の生物学的利用能とは相関していない。オクラは、ピーナッツ(Arachis hypogaea)やアーモンド(Prunus dulcis)などの同様にシュウ酸が豊富な食品と比較して、シュウ酸の生物学的利用能が低いことが示されている*9。食物源からのシュウ酸の吸収は、カルシウムやマグネシウムの豊富な食品と組み合わせて摂取すると減少する可能性がある。

 <解説>

 オクラのネバネバ成分は一般的に多糖類と呼ばれている成分です。多糖(たとう、英語: polysaccharide, ポリサッカロイド)類は、単糖分子(例えば(グルコース:ブドウ糖など)が、鎖のように多数重合した物質の総称です。広義では、単糖に対し、複数個(2分子以上)の単糖が結合した糖も含む場合もあります。一般に固体で親水性(水を吸着しやすい)ですが、物性は様々であり、水に不溶性のもの(セルロース、キチンなど)、加熱すれば溶けたりゲルを作るもの(デンプン、グリコーゲン、アガロース、ペクチンなど)もあります。ゲル状の多糖は、食品または食品添加物(増粘安定剤)として用いられることもあります。

 通常、動物(ヒトを含む)は多糖類を食べて消化し、単糖類に分解することによりエネルギー源としています。しかし消化されない多糖も多く、これらは食物繊維として扱われています。食物繊維は、腸内環境の改善など我々の健康に対して様々な効果をもたらす成分として近年注目され、研究が進められています。

 さらに、多糖類は、ハーブの成分では“粘液質”として分類されています。“粘液質”は、水分を吸収するとゼリー状に膨張し、粘膜(例えば喉、胃の粘膜など)を覆って鎮静・保護するのに役立ちます。その代表的なハーブは、同じアオイ科でゼニアオイ属のマロウ(Malva sylvestris)や、タチアオイ属のマシュマロウ(Althaea officinalis)です。

 

 シュウ酸塩は、HOOC-COOHという構造を持った単純なジカルボン酸であるシュウ酸の塩です。シュウ酸塩は植物中に広く分布し、特に、カタバミ科、サトイモ科、タデ科の植物中に分布しています。一般に植物中には不溶性のカルシウム塩や可溶性のカリウム塩の形で存在しています。

 シュウ酸塩を含む植物(ハーブ)としては、タデ科のソレルやルバーブ、イエロードックルートなどが知られています。一般に流通している野菜ではアカザ科のホウレンソウ、サトイモ科のサトイモなどがあります。シュウ酸は水溶性であるため、多量の水で茹でこぼすことでシュウ酸を茹で汁中に溶出させるとができます。ホレンソウを茹でて生食を避けるのはこのためです。

                              訳、記 阿部俊暢

References

 

1.      Van Wyck B. Food Plants of the World. Portland, OR: Timber Press; 2006.

2.      Madison D. Edible: An Illustrated Guide to the World’s Food Plants. Washington, DC: National Geographic Society; 2008.

3.      Benchasri S. Okra (Abelmoschus esculentus (L.) Moench) as a valuable vegetable of the world. Ratarstvo i povrtarstvo. 2012:49:105-112.

4.      Onstad D. Whole Foods Companion: A Guide for Adventurous Cooks, Curious Shoppers, and Lovers of Natural Foods. White River Junction, VT: Chelsea Green Publishing; 2004.

5.      Alqasoumi SI. ‘Okra’ Hibiscus esculentus L.: A study of its hepatoprotective activity. Saudi Pharmaceutical Journal. 2012:20:135-141.

6.      Green A. Field Guide to Produce: How to Identify, Select, and Prepare Virtually Every Fruit and Vegetable at the Market. San Francisco, CA: Quirk Books; 2004.

7.      de Carvalho CCCR, Cruz PA, da Fonseca MR, et al. Antibacterial properties of the extract of Abelmoschus esculentus. Biotechnology and Bioprocess Engineering. 2011:16:971-977.

8.      Nephrology Department. Oxalate Content of Foods. The Children’s Medical Center of Dayton website. July 14, 2005. Available here. Accessed July 16, 2015.

9.      Brinkley LJ, Gregory J, Pak CY. A further study of oxalate bioavailability in foods. J Urol. 1990;144(1):94-96.

 

 

訳者参考資料:

*  辞典・百科事典の検索サービス - Weblio辞書

*  フリー百科事典ウイキペデイア

*  ハーバルセラピストテキスト:日本メデイカルハーブ協会

*  メデイカルハーブ安全性ハンドブック

 

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/558517/33709595

薬としての食品:オクラ(1)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿