Powered by Six Apart

プロフィール

フォトアルバム

阿部俊暢

宮城県仙台市出身。定禅寺通りのけやき並木と同じ1958年生まれ。2003年阿部代表とともに定禅寺ハーブギャラリーを開業。夢は世界中のハーブを集めたハーブ農場の開設。JAMHA認定ハーバルセラピスト、AEAJ認定アロマテラピーインストラクター。

« 薬としての食品:西洋ワサビ(1) | メイン | 薬としての食品:オクラ(1) »

2016年1月 7日 (木)

薬としての食品:西洋ワサビ(2)

第184回目の話題:薬としての食品:西洋ワサビ(2)”です。ABCのHerbalEGramの新しい記事シリーズの“Food as Medicine”により取り上げられた植物を紹介します。今回は前回の続きで、”西洋ワサビ(ホースラデイッシュ)(2)“です。

800pxarmoracia_rusticana

<原文>

Modern Research & Uses

The chemoprotective role of horseradish’s gluconsinolate content against various types of cancers in humans has been widely studied.8,9 A hydrolyzed form of the glucosinolate sinigrin has been shown to suppress the growth of cancerous tumors in vitro and protect against further DNA damage.9,10 One hypothesis is that glucosinolates may work by enhancing the liver’s ability to detoxify carcinogens.10 Using a rat model, researchers found that sinigrin affects many organs involved in carbohydrate and lipid metabolism, including the liver, pancreas, and intestine.11 Sinigrin also reduced lipid levels in the blood, suggesting that it could be beneficial in reducing elevated triglyceride levels after meals, a risk factor for coronary artery disease.11

Horseradish also contains allyl isothiocyanate, which is a well-recognized antimicrobial agent against a variety of organisms including pathogens like Escherichia coli (E. coli), a common food-borne pathogen, and Helicobacter pylori (H. pylori), a bacteria known to cause stomach ulcers and increase the risk for gastric cancer.12 Due to its antibiotic properties, horseradish can be used to treat urinary tract infections and destroy bacteria in the throat that can cause bronchitis, coughs, and other related problems.13 In a recent study, isothiocyanates extracted from horseradish showed antimicrobial activity against ten different oral microorganisms.14 Although broccoli (Brassica oleracea var. italica), Brussels sprouts (B. oleracea var. gemmifera), and other cruciferous vegetables also contain these compounds, horseradish has up to ten times more glucosinolates than other members of the family Brassicaceae.10

Horseradish root was approved as a nonprescription medicine ingredient by the German Commission E for treatment of infections of the respiratory tract and as supportive treatment in urinary tract infections.13 In the United States, horseradish root is the active ingredient of Rasapen, a urinary antiseptic drug.13 Horseradish is considered a strong diuretic and, coupled with its antibacterial properties, acts to flush out harmful bacteria or other inflammatory agents in the bladder sooner than they normally would be eliminated.10

Isothiocyanates in horseradish root are released when hydrolyzed by other active enzymes, which are activated only when the root is scratched.15 Fumes released from grating or cutting the root can irritate the membranes of the eyes and nose, and therefore horseradish should be prepared in a well-ventilated room and care should be taken in its use.

 

現代の研究

ヒトにおける癌の様々なタイプに対しての西洋ワサビのgluconsinolate成分の化学保護(*注1)の役割が広く研究されている。8,9グルコシノレートシニグリン(*注2)の加水分解された形態は、実験質内において癌性腫瘍の増殖を抑制し、さらにDNA損傷から保護することが示されている。9 10 1つの仮説は、グルコシノレートが、発癌物質を解毒する肝臓の能力を増強するよう働く可能性をしめしている。10ラットのモデルを使用して、研究者らは、シニグリンが、肝臓、膵臓、および腸などの糖質および脂質代謝に関与する多くの臓器に影響をおよぼすことを発見した。11シニグリンはまた、冠動脈疾患の危険因子食後上昇したトリグリセリドレベルを減少させるのに有益である可能性がある、血液中の脂質レベルを減少させることが示唆されている。11

 西洋わさびはまた、大腸菌(大腸菌)、一般的な食品媒介性病原体、およびヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)、胃潰瘍を引き起こし胃癌のリスクを高めことが知られている病原体を含む多様な生物体に対するよく認識された抗菌剤であるアリルイソチオシアネート(*注3)を含んでいる。12 その抗生物質特性のために、西洋わさびは、尿路感染症の治療、及び気管支炎、咳、および他の関連する症状を引き起こす可能性がある喉の細菌を破壊するために使用することができる。13最近の研究では、西洋ワサビから抽出されたイソチオシアネートは、10種類の口腔微生物に対して抗菌活性を示した。14ブロッコリー(Brassica oleracea var. italica)、芽キャベツ(B. oleracea var. gemmifera)、および他のアブラナ科の野菜にもまた、これらの化合物が含まれている。西洋ワサビは、他のアブラナ科の仲間に比べ10倍以上のグルコシノレートを持っている。10

 西洋わさびの根は、気道の感染症の治療及び尿路感染症などの支持療法(*注4)について、ドイツコミッションE(*注5)により非処方薬成分として承認されている。13米国では、西洋ワサビの根は、尿路消毒薬であるRasapenの有効成分である。13西洋わさびは強い利尿剤とみなされており、その抗菌性と相まって、膀胱内の有害な細菌または、他の炎症を引き起こす薬剤が通常除去されるよりも、より早く洗い流すように作用する。10

 西洋ワサビの根中のイソチオシアネートは他の活性酵素によって加水分解されたときに放出される。それは、根に傷が付いた場合にのみ活性化する5。根をすりつぶしたり、切断することにより放出される憤気は、目や鼻の膜を刺激する可能性がある。したがって、西洋ワサビは、換気のよい場所で調理し、その使用に注意する必要がある。

 <訳者注>

 注1:化学保護(かがくほご)

がん治療で用いられる一部の薬物のもつ特性。化学保護薬は、抗がん剤の有害作用から正常組織を保護する目的で用いられる。

 注2:シニグリン

シニグリン (sinigrin) は、アブラナ科の植物、特にメキャベツ、ブロッコリー、ホースラディッシュ、クロガラシ等に多く含まれる配糖体である。グルコシノレート(カラシ油配糖体)の代表的なものの一つ。

・すりおろすなどして酸素と触れると、ミロシナーゼの作用でグルコースと硫酸水素カリウムが遊離し、アリルイソチオシアネートを生じる。これはワサビやカラシの辛味成分である。

・モンシロチョウの幼虫は、シニグリンに誘引されてアブラナ科の植物の葉を食べることが知られている。

・人体に対しては、消化促進作用や利尿作用がある。

・またガン細胞にアポトーシスを起こさせる作用が発見され、期待されている。

 注3:アリルイソチオシアネート

アリルイソチオシアネートは、分子式CH2CHCH2NCSで表される有機硫黄化合物の一つ。無色の油状液体で、マスタードやワサビなどの辛味成分である。

この物質は本来、草食動物への忌避物質として機能していると考えられている。

 注4:支持療法

重篤な疾患や生命を脅かす疾患のある患者の生活の質(qol)を改善するために行われるケア。支持療法の目標は、疾患の症状、疾患の治療による副作用、ならびに疾患やその治療に関係した心理的、社会的、霊的な問題を、予防ないし出来るだけ早く治療することにある。「palliative care(緩和ケア)」、「comfort care(緩和ケア)」、「symptom management(症状管理)」とも呼ばれる。

 注5:ドイツコミッションE

ドイツで販売されるハーブの安全性と効能を審査するために科学者、毒物学者、医師、薬剤師からなる委員会が1978年ドイツ政府によって設立された。委員会は300種以上のハーブの使用法、副作用、薬物相互作用についての情報を発表している。

 

                              訳、記 阿部俊暢

 

 

References

8.Hayes JD, Kelleher MO, Eggleston IM. The cancer chemopreventive actions of phytochemicals derived from glucosinolates. Eur J Nutr. 2008;47(2):73-88.

9.Bonnesen C, Eggleston IM, Hayes JD. Dietary indoles and isothiocyanates that are generated from cruciferous vegetables can both stimulate apoptosis and confer protection against DNA damage in human colon cell lines. Cancer Res. 2001;61(16):6120-6130. Available here. Accessed January 5, 2015.

10.Patel DK, Patel K, Gadewar M, Tahilyani V. A concise report on pharmacological and bioanalytical aspect of sinigrin. Asian Pac J Trop Biomed. 2012;2(1):S446-S448.

11.Okulicz M. Multidirectional time-dependent effect of sinigrin and allyl isothiocyanate on metabolic parameters in rats. Plant Foods Hum Nutr. 2010;65(3):217-224.

12.Luciano FB, Holley RA. Enzymatic inhibition by allyl isothiocyanate and factors affecting its antimicrobial action against escherichia coli O157:H7. Int J Food Microbiol. 2009;131(2): 240-245.

13.Blumenthal M, Goldberg A, Brinkmann J, eds. Herbal Medicine: Expanded Commission E Monographs. Austin, TX: American Botanical Council and Newton, MA: Integrative Medicine Communications; 2000.

14.Park HW, Choi KD, Shin IS. Antimicrobial activity of isothiocyanates (ITCs) extracted from horseradish (Armoracia rusticana) root against oral microorganisms. Biocontrol Sci. 2013;18(3):163-168. Available here. Accessed January 5, 2015.

15.Duke JA, ed. CRC Handbook of Medicinal Spices. Boca Raton, FL: CRC Press; 2002.

16.Kale and Potato Hash. EatingWell. October/November 2005. Available here. Accessed January 13, 2005.

参考資料:

*  辞典・百科事典の検索サービス - Weblio辞書

*  フリー百科事典ウイキペデイア

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/558517/33701821

薬としての食品:西洋ワサビ(2)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿