Powered by Six Apart

プロフィール

フォトアルバム

阿部俊暢

宮城県仙台市出身。定禅寺通りのけやき並木と同じ1958年生まれ。2003年阿部代表とともに定禅寺ハーブギャラリーを開業。夢は世界中のハーブを集めたハーブ農場の開設。JAMHA認定ハーバルセラピスト、AEAJ認定アロマテラピーインストラクター。

« 2015年10月 | メイン | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月11日 (水)

薬としての食品:人参(2)

ハーブ•アロマテラピーを学ぶ方のための海外ハーブ事情

第182回目の話題:薬としての食品:人参(2)”です。ABCのHerbalEGramの新しい記事シリーズの“Food as Medicine”により取り上げられた植物を紹介します。今回は前回取り上げた”人参“の続きです。

1024pxmrkva


写真:フリー百科辞典ウイキイペデイア英語版より

 

前号より続く

<原文>

Food as Medicine:

Carrot (Daucus carota, Apiaceae)

 

Historical Uses

The record of use of carrots in herbalism dates back to the 10th century, with mentions in the Old English Herbarium and the Leech Book of Bald indicating the use of the root as an emmenagogue as well as a treatment for smallpox and cough.6 Around the world, both root and seed have documented historical uses, typically to promote menstruation or as a diuretic. A different species, the wild American carrot (D. pulsillus), has an ethnobotanical history among many American native tribes as a remedy for colds, fevers, itching, and snake bites.7

 

<意訳>

歴史的な利用法

 

本草学書の中でのニンジンの使用の記録は、古い英語の本草学書であるthe Old English Herbarium and the Leech Book of Baldにまで遡り、その中の記述として、通経薬だけでなく、天然痘や咳の治療として根の使用を示す記述がある。*6 世界中で、根および種子の両方の、特に、月経の促進や利尿剤としの歴史的な利用が文書化されている。異なる種である野生のアメリカニンジン(D. pulsillus)は、風邪、発熱、かゆみ、およびヘビ咬傷の治療薬として、多くのアメリカ先住民の間で民族植物学の歴史を持っている。*7

 

<解説>

アメリカ野生ニンジン(学名Daucus pusillus)は、野生人参の1種で、バハカリフォルニアからブリテイッシュコロンビアまでの北米大陸の西海岸で見ることができます。一般にはアメリカニンジンと言えば、ウコギ科の薬用植物で高麗人参の近縁種である亜米利加人参(学名Panax quinquefolius)を指しますが、この種とは全くの別種です。

 

<原文>

Modern Research

Current research suggests that carrots may possess anti-cancer properties,8-10 as well as benefits for people with high blood pressure11 and cardiovascular disease.12 Beta-carotene is converted by the body into vitamin A and is a powerful antioxidant, protecting the body from free radicals and maintaining healthy skin and eyes.13

Consuming large amounts of beta-carotene, especially from carrots, can result in a harmless side effect called carotenemia, which temporarily yellows the skin.13 Infants, whose commercial foods often contain carrot puree as an added ingredient, are most likely to get carotenemia. The yellowing effect subsides as the body processes the excess beta-carotene.

Carrots can be enjoyed cooked or raw, as they retain their nutrients during the cooking process.14 Their sweetness adds to their versatility and supports their use in both sweet and savory dishes. A sweet-and-spicy pickle, for example, enhances the carrot’s natural flavor and pleasing crunch.

 

<意訳>

現代の研究

現在の研究は、人参が抗癌特性*8-10、同様に高血圧の人々*11、および心血管疾患12の人々への効果有している可能性を示唆している。ベータカロチンはビタミンAに体内で変換さる強力な抗酸化物質であり、フリーラジカルから人体を保護し、健康な皮膚や目を維持する。*13

特にニンジンからのベータカロチンの大量消費は、皮膚が黄色く変色するカロチン血症と呼ばれる害のない副作用をもたらす可能性がある。*13乳幼児は、その商業用の食品はしばしば添加成分としてニンジンピューレを含まんでいるため、ほとんどカロチン血症になる。体が過剰なベータカロチンを処理するにつれ、黄変効果は治まる。

 

人参は、調理プロセスの間にその栄養素を保持するため、調理して、生で楽しむことができる。*14その甘さは、汎用性を増大させ、甘いそして酸っぱい料理の両方での使用をサポートしている。スパイシーで甘いピクルスは、例えば、ニンジンの自然な風味と心地よい、かみごこちを強化する。

 

<解説>

 日本では“薬用人参”とは一般的にはウコギ科のチョウセンニンジン(“Panax ginseng)を指しますが、牧野和漢薬草大図鑑には一般的な食用の“ニンジン”についての記載があります。そこには

“栄養源として葉はサラダ、根はジュースとして常用する。生葉は口内炎、扁桃炎、うがい薬、果実は条虫駆除薬に持ちいいる。根は強壮、強心、健胃、鎮静にもちいる。種子は利尿剤である。”

と記載されています。

 

 英国王立園芸協会のハーブ大百科には以下のように記載されています。

 

“ワイルドキャロット”

“<薬用>尿路結石、膀胱炎、痛風に植物全体を。鼓腸性消化管機能不全、月経困難には種子を内服する。>

<香料用>オイルはニオイアリスに似た香りがあり、香水に利用される。

<実用>オイルは小ジワとりクリームに使われる。

*  筆者注:種子から蒸留されたオイルは、アロマテラピーに利用する精油と(キャロットシード)して販売されています。当店でも扱っています。

*   

“キャロット”

<料理用>新鮮なニンジンは生でサラダ(特にコールスロー)に、また潰してジュース(抗癌食)に、あるいは野菜として料理する。

<実用>食品添加物のカロチンに加工する。

 カロチン血症は、カロチン過剰症ともいい、カロテンの過剰摂取,カロテンのビタミンAへの変換の障害などにより,体内にカロテンが過剰になり、皮膚が黄色を呈する状態のことを言います。大人でもミカンなどを食べ過ぎるとこのような状態になることがあります。

 

 

<原文>

 

Nutrient Profile

Macronutrient Profile: (Per 1 cup raw carrots)

52 calories

1.26 g protein

12 g carbohydrates

0.23 g fat

Secondary Metabolites: (Per 1 cup raw carrots)

Excellent source of:

Vitamin A: 34,317 IU (~686% DV)

Vitamin K: 16.1 mcg (20% DV)

Very good source of:

Vitamin C: 11.4 mg (18% DV)

Dietary Fiber: 3.7 g (14.6% DV)

Potassium: 394 mg (11.3% DV)

Good source of:

Vitamin B6: 0.2 mg (9% DV)

Manganese: 0.2 mg (8.5% DV)

Molybdenum: 6.1 mcg (8.1% DV)

Thiamin: 0.1 mg (8.0% DV)

Niacin: 1.1 mg (5.6% DV)

Phosphorus: 53.7 mg (5.4% DV)

Magnesium: 18.3 mg (4.6% DV)

Folate: 17.1 mcg (4.3% DV)

DV = Daily Value, as established by the US Food and Drug Administration, based on a 2,000-calorie diet.

 

—Hannah Bauman

 

<意訳>

栄養プロフィール

 

主要栄養素プロフィール:(、生のニンジン1 カップあたり)

52カロリー

タンパク質:1.26g

炭水化物:12g

脂肪:0.23g

 

二次代謝物:(生のニンジン1 カップあたり)

非常に優れた供給源:

ビタミンA:34317 IU(〜686%DV)

ビタミンK:16.1mcg(20%DV)

 

非常に良い供給源:

ビタミンC:11.4mg(18%DV)

食物繊維:3.7g(14.6%DV)

カリウム:394 mg(11.3%のDV)

 

良い供給源:

ビタミンB6:0.2mg(9%DV)

マンガン:0.2mg(8.5%DV)

モリブデン:6.1ug(8.1%DV)

チアミン:0.1mgの(8.0%DV)

ナイアシン:1.1mg(5.6%DV)

リン:53.7mg(5.4%DV)

マグネシウム:18.3mg(4.6%DV)

葉酸:17.1ug(4.3%DV)

 

 

DV =デイリーバリュー(1日当たり必要量)は1日あたり2,000カロリーの食事に基づいて、米国食品医薬品局(FDA)によって確立されている。

 

<解説>

著者注

「デイリーバリュー (Daily Value、または、DV)」とは、米国食品医薬局(FDA)によって定められた、1日の摂取カロリーを2000kcalとした場合に必要とする、栄養成分の摂取量のことです。

 栄養素の成分名の横に「%」とある場合、その栄養素がデイリーバリューに定められている各栄養素の必要摂取量に対して、どれぐらいの割合で含まれているのかを表しています。

 

記:ハンナ バウマン

 

<原文資料>

 

References

 

What the Ancient Herbalists Said about Carrots. World Carrot Museum website. Available here. Accessed November 19, 2014.

 

Moerman DE. Native American Ethnobotany. Portland, OR: Timber Press; 1998.

 

7.Bhanot A, Sharma R, Noolvi M. Natural sources as potential anti-cancer agents: A review. International Journal of Phytomedicine [serial online]. April 2011;3(1):9-26.

 

8.Aggarwal B, Shishodia S. Molecular targets of dietary agents for prevention and therapy of cancer. Biochemical Pharmacology [serial online]. May 14, 2006:1397, 1421.

 

9.Rana Z, Malcolm R. C, Christine L. Le M. Bioactive Chemicals from Carrot (Daucus carota) Juice Extracts for the Treatment of Leukemia. Journal of Medicinal Food [serial online]. November 2011;14(11):1303-1312.

 

10.Potter AS, Foroudi S, Stamatikos A, Patil BS, Deyhim F. Drinking carrot juice increases total antioxidant status and decreases lipid peroxidation in adults. Nutr J. September 24, 2011;10:96.

 

11.Buijsse B, Feskens E, Kwape L, Kok F, Kromhout D. Both α- and β-Carotene, but Not Tocopherols and Vitamin C, Are Inversely Related to 15-Year Cardiovascular Mortality in Dutch Elderly Men. Journal of Nutrition [serial online]. February 2008;138(2):344-350.

 

12.Vitamin Library: Beta-Carotene. Andrew Weil, MD website. Available here. Accessed November 19, 2014.

 

13.Rock CL, Lovalvo JL, Emenhiser C, Ruffin MT, Flatt SW, Schwartz SJ. Bioavailability of beta-carotene is lower in raw than in processed carrots and spinach in women. J Nutr. 1998;128:913-916.

 

14.Firecrackers. Food Network website. Available here. Accessed December 3, 2014.

 

<意訳>

参考文献

7.      古代のハーバリストは、ニンジンについて何を語ったか。世界人参博物館のウェブサイト。利用可能。2014年11月19日アクセス。http://www.carrotmuseum.co.uk/herbalists.html

 

8.Moerman DE。ネイティブアメリカンの民族植物学。オレゴン州ポートランド:木材プレス; 1998。

 

9.      Bhanot A, Sharma R, Noolvi M。潜在的な抗がん剤としの.天然の供給源:レビュー。国際植物薬ジャーナル [シリアルオンライン]。2011年4月号;3(1):9-26。

 

10.Aggarwal B, Shishodia S。癌の予防および治療のための食餌療法薬剤の分子標的。Biochemical Pharmacology [シリアルオンライン]。2006年5月14日:1397、1421。

 

11.Rana Z, Malcolm R. C, Christine L. Le M. Bioactive。白血病の治療のためのニンジン(Daucus carota)ジュース抽出物生理の活性化学物質。薬用食品ジャーナル [シリアルオンライン]。2011年11月; 14(11):1303-1312。

 

12.Potter AS, Foroudi S, Stamatikos A, Patil BS, Deyhim F。にんじんジュースの飲用が成人での総抗酸化ステータスを増加させ、脂質の過酸化を減少させる。NUTR J 2011年9月24日; 10:96。

 

13.Buijsse B, Feskens E, Kwape L, Kok F, Kromhout D。.α-およびβカロチンの両方、しかしトコフェロールおよびビタミンCではない、ものが逆にオランダの高齢男性の15年心血管死亡率に関連している。栄養学会誌 [シリアルオンライン]。2008年2月; 138(2):344-350。

 

14.ビタミンライブラリ:ベータカロチン。アンドルー・ワイル博士のウェブサイト。利用可能。2014年11月19日 アクセス。http://www.drweil.com/drw/u/ART03238/Beta-Carotene.html

 

                          記、訳 阿部 俊暢

 

<その他参考資料>

 

*  牧野和漢薬草大図鑑

*  英国王立植物園『ハーブ大百科』

*  フリー百科事典ウイキペデイア日本語版

*  世界人参博物館のウェブサイト