Powered by Six Apart

プロフィール

フォトアルバム

阿部俊暢

宮城県仙台市出身。定禅寺通りのけやき並木と同じ1958年生まれ。2003年阿部代表とともに定禅寺ハーブギャラリーを開業。夢は世界中のハーブを集めたハーブ農場の開設。JAMHA認定ハーバルセラピスト、AEAJ認定アロマテラピーインストラクター。

« ベルガモットは、コレステロールを下げる (2) | メイン | アサイベリーについての真実(2) »

2015年6月14日 (日)

アサイベリーについての真実(1)

第178回目の話題:アサイベリーについての真実(1)”です。今回は今人気のスーパーフード“アサイ”についてとりあげます。2011年にFox Newsに掲載されたクリス•キルハムの記事を取り上げ解説します。今回より原文の英文も掲載して訳文と解説文を記載しています。

450pxaai_na_beira_do_rio


写真:フリー百科事典ウイキペデイアより

〈原文〉

 “The Truth About Acai Berries

Fox News

by Chris Kilham

June 2011

 “Anything that's popular gets made into a diet. Acai is no more of a diet than the eraser on your No. 2 pencil.” – Chris Kilham, Natural Foods Merchandiser

It seems so long ago that I first tasted acai—a rich, purple palm fruit in the Amazon. I was living with Ipixuna indians on the Amazon river in Brazil, and some of the women in the family I was staying with made a bowl of thick purple fruit. I was hooked. Over the course of my first month in the Amazon, I ate acai several times, and learned to love the flavor and texture—think chocolate berries. When I departed Brazil back then in 1997, I wondered if I would ever see acai in the U.S. “

Today acai (Euterpe oleraceae) is a bloodied and wounded survivor of American marketing gone wild. A highly nutritious fruit, acai comes from a palm tree, and is harvested in great strands. Acai fruits are not technically berries. Instead, they are pitted fruits known as drupes. But unlike other foreign fruits that gain traction in other markets, acai has had the power of exposure on Oprah, inclusion in a best-selling beauty book by Dr. Nicholas Perricone, and other high-profile people touting its benefits. And the results? Disastrous.“

〈日本語〉

アサイベリーについての真実

フォックスニュース

クリスキラムによって

 2011年6月

"人気があるのは、ダイエットである。 しかしアサイーは、もはやNo2ペンシルの消しゴムよりもダイエットの役にはたたないのでは?" –

クリスキラム、自然食品販売家

 私が最初にアマゾンでアサイーの濃い紫色のヤシの実を味わったのは、ずっと前に思える。私がブラジルのアマゾン川で、Ipixunaインディアンと住んでいた時、私が滞在していた家族の中の女性の何人かが、濃い紫色の果実の一杯を作った。私は夢中になった。 アマゾンでの私の最初の1ヶ月の間で、私はアサイーを数回食べて、味とチョコレートの果実を思わせる手触りを愛することを学んだ。私が1997年時点でブラジルを離れたとき、 米国でふたたびアサイーを見ることがあるかどうは疑問に思ったものである。“

  “今日、アサイー(Euterpe oleraceae)は、乱暴なアメリカ市場の中で、血まみれで負傷した生存者である。 栄養価の高い果実、アサイーは、ヤシの木からきており、大きな束で収穫される。 Acaiの果実は、専門的には果実ではない。 代わりに、彼らは核果として知られているピットイン果実である。 しかし、他の市場で勢いを増す他の外国の果物と違って、アサイーは、オプラショーでの露出パワーや、最も売れている美容本であるニコラス•ペリコン博士の本の中に含まれたこと、そしてその有効性を宣伝する他の知名度の高い人々を持った。 そして結果は? 悲惨である。”

<解説>

 アサイ(和名:ワカバキャベツヤシ、学名:Euterpe oleracea)は、ブラジル・アマゾンが原産のヤシ科の植物です。アサイヤシは、25m以上に成長する背の高い、ほっそりしたヤシで、一般的にアサイベリーとして知られている果実は、円周約25 mmの小さな丸い、黒紫色の核果であり、ブドウに見かけはよく似ています。

 栄養価の高い果実は、ブラジルの先住民社会では最も貴重な栄養源であり、食品や飲料だけではなく、葉は帽子、マット、バスケット、ほうき、家の屋根ぶき材料に加工され、害虫の耐性がある木の幹は建物の建設のために使用し、木の幹はミネラルの産出のために処理されるなど、最も重要な植物種のひとつとして様々に利用されてきました。現在では、欧米の一般消費者市場でも、凍結果肉、ジュース、または穀物アルコールを含む飲料、スムージー、食品、化粧品やサプリメントなどの様々な製品の成分として販売されています。

 『オプラ・ウィンフリー・ショー』(The Oprah Winfrey Show)は、シンジケイションで1986年9月8日から2011年まで放送されていたアメリカのトーク番組です。有名な俳優で司会者、そして慈善家でもある黒人女性、オプラ・ウィンフリーが司会を務めていたことで有名です。非常に影響力を持ったテレビ司会者の1人として知られており、紹介した本は必ず大ヒットしたり、「ヒラリー・クリントンの次に女性大統領になる人物」とまで言われたこともある大物司会者です。

 ニコラス・ペリコン博士は、ミシガン州立大学医学部准教授、皮膚科医、米国栄養学会(FACN)役員で、アンチエイジングの研究者です。エイジングケアを目的としたスキンケア、サプリメントブランドの開発者でもあります。細胞レベルの炎症が疾病や老化を引き起こすとして、活性酸素による細胞へのダメージを最小化するライフスタイルの啓蒙活動を行っています。日本でも、「カリスマ名医ペリコーン博士の美肌革命―きれいになりたい人の奇跡のプログラム:(2003/12/1)」などの翻訳書が出版されています。

 ブルームバーグニュースの2009/5/15の記事に以下の記載があります。

  『ウィンフリー氏は08年2月に、人気トーク番組の「オプラ・ウィンフリー・ショー」でメフメト・オズ米コロンビア大学教授とアサイーについて語り合った。心臓外科医の同教授が番組で紹介した「アンチエイジング・チェックリスト」にはアサイーのほかにブルーベリーとトマトも含まれていた。

また、ウィンフリー氏のサイトでは皮膚の専門家、ニコラス・ペリコーン氏が推奨する「スーパーフード10」を紹介しており、ここにアサイーが掲載されている。』

  対談したメフメト・オズ博士が担当している医療問題や個人の健康をテーマにしたテレビ番組「ドクター・オズショー」は、エミー賞を受賞した人気番組です。この記事を記載している“クリス•キルハム”のWebページにも登場しています。このオプラショーを発端としてアサイー人気が爆発したようです。 

メデイアの有名人が紹介することにより一気にブームとなるアメリカの健康ビジネス業界の一旦を象徴するような出来事です。その後のアサイーダイエット の狂躁は、2009年の米消費者団体の公益科学センター (CSPI) による、ダイエット効果は実証されていないとの指摘につながっています。現在では、アサイダイエットはなんら科学的根拠がないと、各機関から指摘されています。

 〈原文〉

 “As a purple fruit, acai is loaded with the purple pigments called anthocyanins. These powerful antioxidants are protective in the body, helping to reduce the premature aging of cells.

 Additionally, they also possess anti-inflammatory activity. This is why Germany’s Bundesforshungsanstaldt (think FDA) is investigating anthocyanins for reducing inflammation in cases of inflammatory bowel disease. The anthocyanins in acai also appear to enhance energy, and to impart a feeling of well being. X-gamers and surfers, skateboarders and other athletes have taken to acai, and it is a sports crowd hit. Acai fits seamlessly with an active lifestyle, drunk in smoothies, eaten in bowls of granola, and drunk as juice.“

 <日本語>

“紫色の果実として、アサイーはアントシアニンと呼ばれる紫色の色素を多く含んでいる。 これらの強力な抗酸化物質は、体内で保護され、細胞の早期老化を減らすのを助ける。

 さらに、それらはまた、抗炎症活性を有する。 これが、ドイツのBundesforshungsanstaldt(FDAのようなもの)が炎症性腸疾患のケースで炎症を減少させるためのアントシアニンを調査している理由である。 アサイーのアントシアニンはまた、エネルギーを高めるために、健康を与えるように見える。 X-ゲーマーやサーファー、スケートボーダや他の運動選手がアサイーを摂取しており、それがスポーツをする群衆にヒットした。 アサイーはスムーズにライフスタイルにフィットし、スムージーとして飲まれ、グラノーラボールで食べられ、ジュースとして飲まれた。“

〈解説〉

 アントシアニンは、植物界において広く存在する色素、アントシアン(果実や花の赤、青、紫を示す水溶性色素の総称)のうち、アントシアニジン(英anthocyanidin)がアグリコンとして糖や糖鎖と結びついた配糖体成分のことです。高等植物では普遍的な物質であり、花や果実の色の表現に役立っています。フラボノイドの一種で、抗酸化物質として知られています。特にブルーベリーやラズベリーなどのベリー類に広く含まれており、近年サプリメントなどでもお馴染みです。

 抗酸化物質(antioxidant)とは、抗酸化剤とも呼ばれ、生体内、食品、日用品、工業原料において酸素が関与する有害な反応を減弱もしくは除去する物質の総称です。酸化ストレスはヒトの多くの病気で原因の一つとして注目されており、疾患の予防や健康維持の目的で医薬品候補や栄養補給食品の候補として広く研究ないしは利用されています。

 参考資料

*  スーパーフード:デイビット•ウオルフ

*  フリー百科事典ウイキペデイア日本語版、英語版

*  「健康食品」の安全性・有効性情報(国立健康・栄養研究所)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/558517/33435725

アサイベリーについての真実(1)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿