Powered by Six Apart

プロフィール

フォトアルバム

阿部俊暢

宮城県仙台市出身。定禅寺通りのけやき並木と同じ1958年生まれ。2003年阿部代表とともに定禅寺ハーブギャラリーを開業。夢は世界中のハーブを集めたハーブ農場の開設。JAMHA認定ハーバルセラピスト、AEAJ認定アロマテラピーインストラクター。

« 2014年5月 | メイン | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月19日 (木)

乳がんの転移がピーチエキスによって遅延する可能性がある(1)

第149回目の話題:“乳がんの転移がピーチエキスによって遅延する可能性がある(1)”です。前米国植物協議会  The American Botanical Council(通称「ABC」)の(ABC  HerbalEGram2014年4月号)のリンク記事の翻訳記事のです。

http://cms.herbalgram.org/heg/volume11/April2014.html

640pxvineyard_peaches_de

フリー百科事典 ウイキペデイア日本語版より

ピーチニュース:乳がんの転移がピーチエキスによって遅延する可能性がある

 Lee Rannals for redOrbit.com - ユニバースオンライン

栄養生化学誌に発表された研究によると、ピーチのエキスが、乳癌の成長と転移を遅くする可能性がある。

科学者がマウスでの作業により、ピーチのエキスに見出されるフェノール性化合物の混合物が、乳癌の転移を阻害することを発見した。チームは、化合物が転移のリスクを減らすのに役立つ治療への新しい薬物である可能性があると述べた。それは乳房内および他の多くの癌の主要な殺し屋である。

“私は1日3個のピーチを食べるつもりです。”ワシントン州立大学の食品化学の助教授である、ジュリア ナノラットは声明で述べている。“私たちの食事中にこれらの化合物を提供することができる十分な果物や野菜を摂取すれば、同様の予防効果があるかもしれません。 "

 研究のために、チームはテキサスA&M AgriLife研究所で、マウスの皮膚の下に乳癌細胞を移植した。この技術は、癌が形成されて進行することによる相互作用に似ているため、生きている動物における乳癌細胞の増殖を調べるために使用される。

 研究者は、細胞が確立する1週間程度後に、マウスに様々な量のピーチポリフェノールを与えた。マウスに与えられた化合物は、植物が太陽の紫外線の有害な影響を防ぐのに役立つ。

 “これらの化合物が抗酸化剤として作用することを示すいくつかの研究があり、したがって、癌を生成する可能性がある損傷からDNAを守ることができるかもしれません。 ” Norattoは述べている。 “私たちは、その時点で転移については考えていませんでした。驚いたことに、我々が肺を分析したところ、ピーチ化合物が、腫瘍の増殖を阻害したという事実の横で、それらは、肺への転移レベルを抑制しました。”

12日後、研究者は、高レベルのポリフェノールを与えたマウスがもつ腫瘍はより少なく、癌の広がりを助ける血管形成は多くないことを見いだした。マウスの腫瘍はまた、癌の転移に関与する酵素の証拠がほとんどなかった。

"我々の調査結果は、非常に重要です。なぜなら、生体内で天然化合物が、この場合はピーチの中のフェノール性化合物が、乳癌およびその転移に対して持っている効果を示しているからです。非常に多くの人々に影響を与えるこの恐ろしい病気を予防し、闘うための追加のツールを食事中に含む機会を与えるからです。 "AgriLife Research in College Stationの食品科学者である、ルイス·シスネロス-ゼブロス博士は、声明で述べている。彼は研究者たちが、1日2個から3個のピーチを消費すると、ヒトでも同様の効果を得ることができるという考えに熱中していると述べた。

 “しかし、こその確認のための研究の次のステップが必要でしょう。” シスネロス-ゼブロス博士は述べている。

 出典: redOrbit.com用リーRannals - ユニバースオンライン

トピックス:健康医療製薬、リボン象徴、医学、転移性乳癌、癌、乳癌

 http://www.redorbit.com/news/health/1113104784/breast-cancer-and-peaches-032614/ # qTWYQD87QrjypVQw.99で続きを読む

                               訳、記 阿部俊暢