Powered by Six Apart

プロフィール

フォトアルバム

阿部俊暢

宮城県仙台市出身。定禅寺通りのけやき並木と同じ1958年生まれ。2003年阿部代表とともに定禅寺ハーブギャラリーを開業。夢は世界中のハーブを集めたハーブ農場の開設。JAMHA認定ハーバルセラピスト、AEAJ認定アロマテラピーインストラクター。

« 2014年1月 | メイン | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月20日 (木)

コーヒーは薬?日本の科学者が、心臓にどのように役立つかを示す(1)

ハーブ•アロマテラピーを学ぶ方のための海外ハーブ事情

第132回目の話題:“コーヒーは薬?日本の科学者が、心臓にどのように役立つかを示す(1)”です。米国植物協議会  The American Botanical Council(通称「ABC」)の(ABC  HerbalEGram2013年12月号)のリンク記事の翻訳記事です。記事は、日本の琉球大学の教授がアメリカの心臓協会主催の科学セッションで発表したコーヒーの効果につていの研究についての記事です。

http://cms.herbalgram.org/heg/volume10/December2013.html

800pxa_small_cup_of_coffee

フリー百科事典ウイキペデイア英語版より

解説       

English: A photo of a cup of coffee.

Esperanto: Taso de kafo.

Français : Photo d'une tasse de caffé

Español: Taza de café

日付        2005年4月13日

原典        投稿者自身による作品

作者        Julius Schorzman

 

2013年11月20日のロサンジエルスタイムズのサイエンス記事より

                       (カレン カプラン記)

 

コーヒーは薬?日本の科学者が、心臓にどのように役立つかを示す

 

 次回あなたがコーヒー休憩を取るとき、あなたは、トリプルエスプレッソを検討する必要がある。付加されたカフェインは、心血管疾患による死亡のリスクを減らす可能性がある。

 

水曜日にアメリカ心臓連合の科学セッション会議に発表された研究は、コーヒーが健康な人々の小血管の機能を向上させている新たな証拠を提供している。

日本の研究者は、研究に参加する20代の27人の若い成人を募集した。彼等のうち誰もが規則的にコーヒーを飲んでいなかったが、彼らは科学のためにジョーの2 5オンスカップ2杯を摂取することに合意した。

1日の1回は、コーヒーにカフェインが入っていた。他の1回は、彼らはカフェイン抜きを飲んだ。彼等はどちらがどちらであるかは知らされてなかった。ボランティアが飲料を飲みお終えた後、彼等の血圧および血流を測定した研究者ももちろん知らされていなかった。

 

[11月20日17:15 PSTで更新:研究者は、各ボランティアの左人差し指や親指の先端にプローブを設置し、指の血流の数字を測定するためにレーザードップラーフローメトリーと呼ばれる技術を使用した。これは、血液を通過するレーザビームを照射し、それが赤血球の移動によってどの程度散乱するかを測定することによって動作する。

研究のために、研究者らは1分間手への血流を遮った、と研究を主導した心臓病専門医筒井正人博士はタイムズへの電子メールで述べている。1分が終了したとき、彼らは指や親指の正常な血液がどのように迅速に戻ったか、監視した。 ]

 

 指または親指で測定された血流が、1日に1回レギュラーコーヒーをとった人々は、カフェイン抜きをとった人に比べて30%高かったことが判明した。測定は、体内の小血管がどれだけ機能しているかの代わりになるため、このことは重要であった。

このことは唯一の変化ではなかった。研究の要約によれば、血圧は、ボランティアはレギュラーコーヒーを飲んだ日に 「大幅に」上昇した。しかし、カフェインは、ボランティアの心臓の動悸を引き起こさなかった。

研究者はまた、ボランティアの血漿中の神経伝達物質のエピネフリン(アドレナリンとも呼ばれる)およびノルエピネフリンのレベルを測定した。レベルは、どちらのタイプのコーヒーを飲んだ後も本質的に同一であった。

“このことは、私たちにコーヒーがどのように心臓血管の健康を改善する可能性を持っているかの手掛かりを与えてくれます。 ”筒井は、米国心臓アスンからの声明で述べている。筒井は、日本の沖縄の琉球大学の薬理学の教授である。

もし科学者たちがカフェイン入りコーヒーが、小さな血管がより良く働くために役立つ方法を見つけ出すことができれば、 “そのことは、将来の心血管疾患の新たな治療戦略につながる可能性があります。 "と彼は述べた。

 

[ 17:15 PST 、 11月20日更新:しかし、このことは、おそらく多くの研究がよりよい心血管の健康とコーヒー摂取をリンクしている唯一の理由ではない、と彼は電子メールで述べた。その代わりに、彼によると、それは“ただ多くのなかの一つです。 ”

[記録11:30 pm.m PST 、 11月20日:この記事の以前のバージョンでは、コーヒーから余分なカフェインはあなたの血流を助けることができると述べていた。実験では、通常の条件下ではなく、研究者が被験者の血流を妨げた後に、そのことが起こっただけである。 ]

 

以下、解説は次号。原文は以下を参照のこと

http://www.latimes.com/science/sciencenow/la-sci-sn-coffee-caffeine-blood-vessels-20131120,0,1691082.story#ixzz2mhkDtD47

 

                         記 訳 阿部俊暢