Powered by Six Apart

プロフィール

フォトアルバム

阿部俊暢

宮城県仙台市出身。定禅寺通りのけやき並木と同じ1958年生まれ。2003年阿部代表とともに定禅寺ハーブギャラリーを開業。夢は世界中のハーブを集めたハーブ農場の開設。JAMHA認定ハーバルセラピスト、AEAJ認定アロマテラピーインストラクター。

« 2013年1月 | メイン | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月24日 (日)

英国でのブラックコホシュ製品のリコール(1)

ハーブ•アロマテラピーを学ぶ方のための海外ハーブ事情
第50回目の話題:”英国でのブラックコホシュ製品のリコール”の話題です。米国植物協議会  The American Botanical Council(通称「ABC」)の(ABC  HerbalEGram2012年12月号)よりお届けします。
プレスリリース
日付:  2012年11月23日
時間: 午前9時30
件名:一般の人々に、Viridian Nutritionによって作られたブラックコホシュルートカプセルを返すように要求する
連絡先:プレスオフィス020 3080 7651 またはpress.office @ mhra.gsi.gov.uk
アウト·オブ·アワー07770 446 189
 ハーブ製品を使用している人々は、彼らが自宅にViridian Nutrition製の任意の 'ブラックコホッシュルート "カプセルを持っているかどうかを確認するよう求められている。 もしそうならば、人々は、製品には意図していない、宣告されていない植物性素材が含まれてることが判明したため、それを買った場所に製品を返す必要がある。
医薬品およびヘルスケア製品規制庁(MHRA)は、メーカーのViridian Nutritionが、健康ショップでの販売から彼らの "ブラックコホシュルート 'カプセルを同じくリコールすることを要求する措置をとった。 メーカーは7月に、この製品を販売停止しているが、いくつかの製品在庫がまだ販売されている可能性がある。
テストでは、ブラックコホシュ(Cimicifuga racemosa)を含むべきである製品が、おそらく別の種、 Cimicifuga foetidaを含んでいることが発見された。 宣言されていない植物性の素材、 Cimicifuga foetidaは 、一般的に西洋のハーブ薬で使用されておらず、その特性や安全性は評価されていない。 これは、この製品には、その成分があり、または必要とされる品質がないことであり、市場から除去しなければならないことを意味する。
MHRAの医薬品ボーダーライン課のマネージャー、 デヴィッド·カーターは言った: "我々は製品ラベル上にすべての正しい成分をリストすることを期待しています。 この場合、それらは完全に記載されておらず、したがって、製品は、公共の使用のための必要な基準を満たしていなません。 このことが、我々が小売店から製品をリコールし、またリコールが一般の人に伝えられることを保証するよう企業に告げた理由です。 "
 MHRAは、常に登録ハーブ製品を使用することを推奨している。 登録された製品は、伝統的なハーブ登録(THR)登録番号またはその包装上のロゴによって識別することができる。 これらの製品は評価され、それらが使用するために十分に安全であり、可能性のある副作用のリストを含む製品の使用方法に関する情報リーフレットを伴っていることを保証するために、品質がチェックされている。
 ハーブ薬は、それらの使用が身体に影響を与える他のどのような薬剤と同様の注意と懸念をもって使用する必要がある。 多くのハーブ薬は合理的に安全であるが、天然成分とエキスが含まれているという理由だけで、それが安全であると保証するものではないことを覚えておくことが重要である。 人々は常に、ハーブ薬が摂取するために適しており、彼らが摂取している可能性のある他の薬と相互作用しないことを確認するために、薬剤師や医師に相談する必要がある。
 ハーブ薬を使用した場合の安全な状態、Twitterでフォロー:
編集者の注記
 無許可でリコールされた製品は、Black Cohoshを含むとしてラベルされている。それは、ヨーロッパ、イギリスおよびアメリカの薬局方で指定されているように、ハーブ材料のCimicifuga racemosaを記述するために使用される一般的な名前である。 しかし製品に実施された試験は、製品がまた他のCimicifuga属の種を含んでいることを見いだした。当局はそれゆえに、宣言されていない植物の含有製品は購入者が必要とする性質や品質基準に達していないことを意味すると考えている。
 MHRAは現在、必要な認可なしに販売されている多くのハーブ製品について調査をしており、公衆を保護するための規制措置を取り続けるであろう。その間、誰がこれらの製品を摂取したか、彼らのGPの助言をどのような懸念を持っているか探す必要がある。イエローカード方式 を通じて疑わしい有害反応を報告のこと。
 MHRAは、医薬品や医療機器の作用と、それが十分に安全であることをを保証する責任がある政府機関である。 リスクフリーの製品はない。 すべての我々の仕事の支柱は、患者び利益と公共のリスクの正常化を保証するための堅牢かつ事実に基づく判断にある。 我々は、医薬品やデバイスを監視続け、問題がある場合は速やかに公衆を保護するために必要な措置を講じる。 公共·医療従事者だけでなく、業界のすべてが - -我々が調査ができるよう、薬や医療機器との問題について教えてくれることを奨励する。 www.mhra.gov.uk
以下解説は次号。
                                    記 訳 阿部俊暢