Powered by Six Apart

プロフィール

フォトアルバム

阿部俊暢

宮城県仙台市出身。定禅寺通りのけやき並木と同じ1958年生まれ。2003年阿部代表とともに定禅寺ハーブギャラリーを開業。夢は世界中のハーブを集めたハーブ農場の開設。JAMHA認定ハーバルセラピスト、AEAJ認定アロマテラピーインストラクター。

« 2012年7月 | メイン | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月28日 (火)

韓国で人気の薬草、ツルニンジン

ハーブ•アロマテラピーを学ぶ方のための ボタニカル講座
第15回目の話題: “ ツルニンジン”
今回は、8月15日に撮影した秋保大滝植物園の植物より“ツルニンジン”を紹介します。
Img_1199
【概論】
ツルニンジン(蔓人参、Codonopsis lanceolata)はキキョウ科の蔓性多年草植物です。
Codonopsis(ツルニン)属は、多年生のツル植物30種類がヒマラヤ山脈から日本にかけて分布しています。中国の高地の野原に見られるC.tangshen(トウジン)は治療用植物として広く栽培されています。名前はギリシャ語の「鐘」kodonと「類似」opsisに由来し、鐘形の花にちなみます。
 C.tangshen(トウジン)は、中国漢方ではチョウセンニンジンの代替物として高く評価されています。C.pilosula(ヒカゲノツルンンジン)、C.tubuloなど数種が使用されています。アダプトゲン(強壮)ハーブとして欧米でも紹介されています(アダプトゲン:フレグランスジャーナル社)。
ツルニンジン(蔓人参、Codonopsis lanceolata)は、根は同科のキキョウやツリガネニンジンと同様に太く、オタネニンジン(高麗人参)に似るということでこの名があります。北海道から九州および、朝鮮半島、中国北部、アムール地方に分布し、林内に生える多年草です。茎はつる状で長さは2m以上になり、左右いずれにも巻きます。葉は薄く、全緑で、下面は粉白を帯びます。花期は7〜8月。側枝の先に鐘形の花を下向きにつけ、内面に紫褐色の斑点があります。茎や葉に独特の臭気を持ちます。
おとなりの韓国では代表的な山菜です。薬用としても使用されています。
 
【薬用用途】
最新薬用植物学では以下のように記載されています。
根を生薬名:羊乳といい、朝鮮では沙参と呼ぶ。咳、頭痛、めまいなどに適用。
中国では、四葉参とも呼ばれています。
牧野和漢薬草図鑑の記載は以下の通りです。
党参と類似した薬理作用が知られており、赤血球、ヘモグロビンの増加、抗疲労、血圧降下、血糖上昇、鎮咳なの作用が報告されている。サポンンによる去痰作用および局所刺激の効果もある。
【その他の用途】
朝鮮ではトドック(더덕)といい代表的な山菜である。根をキムチや揚げ物、和え物にし、若芽も食べる。野生品は少ないので栽培もする。(フリー百科事典;ウイキペデイア)との記載がありました。おとなりの韓国ではドラマの“チャングムの誓い”にも登場する人気の食材です。
【安全性についての情報】
独立行政法人国立健康•栄養研究所の「健康食品」の安全性•有効性情報には記載がありませんでした。
AHPA(アメリカハーブ製品協会)のメデイカルハーブ安全性ハンドブックには、記載はありませんでした。同属のC.pilosula(ヒカゲノツルニンジン)、C.tangshen(トウジン)については記載されていました。
      クラス分類 1 適切な使用において安全
【日本での現状】
 健康食品サイトのケンコーコムでの検索では12個の製品が表示されました。すべて、ツルニンジンエキスが含まれている韓国の自然化粧品でした。グーグルの登録商品検索では約70点が表示されました。マッコリ(韓国酒)、乾燥根、和え物、サプリの他、苗も販売されていました。
                             記 阿部俊暢
参考資料
 英国王立園芸協会 ハーブ大百科(誠文堂新光社)
 牧野和漢薬草大図鑑(北隆館)
 最新薬用植物学(廣川書店)
 メデイカルハーブ安全性ハンドブック(メデイカルハーブ広報センター)
 独立行政法人国立健康•栄養研究所Web 健康食品」の安全性•有効性
 アダプトゲン(フレグランスジャーナル社)
ほか